一人ひとりにできること


世界中で大問題になっている新型コロナウイルス。一人一人が意識すれば、少しでも感染者が少なくなります!!

水で手を洗い、感染のリスクを最小限に抑える 新型コロナウイルスに感染しないための最善策は、できる限り頻繁に手を洗うことです。ぬるま湯で手を濡らし、低刺激性の石鹸を使用しましょう。石鹸を泡立て、20~30秒間手をこすり、ぬるま湯で洗い流します。私も極力手を洗うように心がけ、常にアルコール消毒など常時しています。
世界保健機関(WHO)は手のひら同士をこすり合わせるだけでなく、指と指とをからみ合わせたり、とにかく様々な方法で手の表面をもれなく洗うことをおすすめしています。手を拭いたペーパータオルを使って蛇口を閉めましょう。
飲食の前には必ず手を洗いましょう。公共の場にいる時や、風邪をひいている可能性がある人の近くにいた時は、こまめに手洗いを行うことが大切です。
手を洗えない場合は、アルコール60~95%の手指消毒剤を使いましょう。アルコール95%以上のものでは逆に効果が劣ります。

目、鼻、口を触らない ドアノブやキッチンカウンターなどの表面に触れることで、コロナウイルスが付着する可能性があります。ウイルスが付着した汚い手で顔を触れば感染してしまう恐れがあります。皮膚にウイルスが付着している可能性がある場合は、目や鼻、口には触らないようにしましょう。
咳やくしゃみをしている人には近づかない 新型コロナウイルスは呼吸器感染症を引き起こすウイルスであり、一般的な症状は咳やくしゃみです。咳やくしゃみをすると空気中にウイルスが排出されるため、感染のリスクが高まります。咳やくしゃみをしている人のそばには寄らないようにしましょう。
その時の状況により、適切であれば相手に離れてもらうよう頼みましょう。「咳が出ているようだね。早く良くなるといいね。私に風邪がうつらないように、離れていてもらえるかな」などと言うとよいでしょう。
罹患した人の周りにいた人がいれば、その人には近づかないようにするのがよいでしょう。顔を触る必要がある場合は、まず手を洗い、感染を防ぎましょう。

何らかの症状が出ている人ともそうでない人とも、握手は避けましょう。残念ながら、塗症状であっても、感染者からウイルスがうつる可能性があります。自分を守るために、念のため人との物理的接触を制限しましょう。新型コロナウイルス感染の懸念がなくなるまで、握手は丁重に辞退しましょう。
「はじめまして!普通だったら握手するところですけど、今はアメリカ疾病予防管理センターも人との接触を控えるように推奨していることですし、新型コロナを広げないように気を付けているんですよ」などと説明しましょう。

殺菌作用のある製品を使用し、頻繁に人の手に触れる箇所を日常的に消毒する 新型コロナウイルスはドアノブやキッチンカウンター、蛇口などの表面に付着します。消毒スプレーや消毒ウェットティッシュなどを使い、日常的に消毒しましょう。10分以上消毒剤で濡れたままにしておくと効果的に殺菌できます。ウイルスの生存時間を短くし、感染のリスクを抑えましょう。
家庭内では、玄関のドアノブやキッチンカウンター、洗面台、蛇口などを消毒しましょう。
職場では、ドアノブや階段の手すり、テーブル、カウンターの表面など、頻繁に人の手に触れる箇所を消毒しましょう。
約4Lのお湯に漂白剤を240mL入れて混ぜ合わせると、消毒剤を作ることができます。

ひとりひとりができること、必ずあります!!自分自身のために、家族のために、周りの人達のために、出来る限りのことを、、、

一日でも早く終息しますように、、

 

 

Follow me!